登園証明書について


(予防すべき伝染病と出席停止について)

*園への治癒証明書提出が必要です。
*治癒証明書は西東京市医師会加盟の医院にて無料で発行してもらえます。



※ 厚生労働省 感染症対策ガイドライン


《 登園停止期間の基準 》


病名 病原体 感染経路 潜伏期 早期〜主症状 登園停止期間
インフルエンザ インフルエンザウイルス 飛沫感染 1〜2日 突然の発熱(さむけを伴う39度以上の高熱)・頭痛・倦怠感・関節炎・筋肉痛 解熱後2〜3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ムンプスウイルス 飛沫感染 2〜3週間 耳下腺炎の痛み・腫れ 耳下腺の腫れがなくなるまで
水痘(みずぼうそう)
帯状疱疹
水痘ウイルス 飛沫感染 2〜3週間 発疹(水泡〜かさぶた)発熱 すべての発疹がかさぶたになるまで
感染性胃腸炎 ノロウイルス 経口感染(飛沫感染) 1〜2日 嘔吐・下痢・発熱 下痢がおさまるまで
流行性嘔吐下痢症 ロタウイルスなど 経口感染(飛沫感染) 1〜3日 嘔吐・発熱・下痢 下痢・嘔吐がおさまるまで
溶連菌感染症 溶血性連鎖球菌 飛沫感染 1〜3日 発熱・発疹(首・胸・下肢)のどの痛み・リンパ腺の腫れ 治療開始後2日以上たち、発熱がなければ
麻疹(はしか) 麻疹ウイルス 飛沫感染 10〜12費 発熱(3〜4日)発疹(首〜全身)かぜ症状・目やに 解熱後3日を経過するまで
風疹(3日はしか) 風疹ウイルス 飛沫感染 2〜3週間 発熱・発疹・リンパ腺の腫れ 痛み 発疹がなくなるまで
手足口病 コクサッキーA16ウイルス
エンテウロウイルス71型
経口感染 2〜7日 手のひら・足のうらなどに水泡
口内炎・発熱・食欲不振
解熱後
伝染性紅斑症(りんご病) パルボウイルス 飛沫感染 1〜2週間 頬の紅斑 医師の指示による
マイコプラズマ感染症 マイコプラズマ菌 飛沫感染 2〜3週間 発熱・強い咳 病状の改善後
ヘルパンギーナ コクサッキーA群ウイルス 飛沫感染 2〜7日 38〜39度の発熱(1〜4日間位)
のどの痛み・口の中の小水泡
解熱後
咽頭結膜炎(プール熱) アデノウイルス3型・7型 飛沫感染 3〜7日 39度位の発熱(午後から夕方にかけて)のどの腫れ・痛み・結膜炎 すべての症状が消失後2日を経過するまで
流行性角結膜炎 アデノウイルス8型 接触感染 5〜7日 目がゴロゴロする・目やに・充血・発熱 伝染のおそれがなくなるまで
急性出血性結膜炎(アポロ病) エンテロウイルス 70型 接触感染 1〜2日 充血 伝染のおそれがなくなるまで
病原性大腸菌感染症(腸管出血性大腸感染症) 大腸菌 経口感染 1日〜数日 下痢・腹痛・血便 伝染のおそれがなくなるまで
百日咳 百日咳菌 飛沫感染 6〜15日 ヒューヒューという特有の咳 特有の咳が消失するまで
ウイルス性肝炎(A型肝炎) A型肝炎ウイルス 経口感染 15〜50日 発熱・全身倦怠感・食欲不振・嘔吐・下痢 伝染のおそれがなくなるまで
結核 結核菌 飛沫感染   咳・痰・発熱・倦怠感・胸痛 伝染のおそれがなくなるまで
伝染性膿痂疹(とびひ) 黄色ブドウ球菌 連鎖球菌 接触感染   むしさされなどのかきこわしから小水泡・ジクジクとした浸出液で他に感染 医師の指示による
突発性発疹症 ウイルス 接触感染   突然の39〜40度の高熱(3日間) その後バラ色の発疹 医師の指示による
RSウイスル ウイルス 飛沫感染 2〜5日 発熱・咳・鼻水 解熱後2日まで