TOPへ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

おわりに


今年度は、妊娠中と生後2ヵ月のお子さんのいるお母さんたちのさまざまな悩みに焦点を当てて、質問と回答という形式で進めてきました。

 お母さんたちの悩みを解消するために紹介した、「いのちのひみつ」(シルバーナQ.モンタナ-ロ著)は、女医であったマリアモンテッソーリの科学的な教育法をもとに、出生前と誕生から3歳までの間に人格の基礎が築かれる重要な時期であるという生命のひみつと、生命への援助としての教育を分かりやすく示してくれています。

 赤ちゃんを育てていく事はとても大変なことで、日々悩みに直面してしていると的確に判断することができなくなってしまう時もあると思います。そんな時は、「調和のある動きの発達」の章で、35億年にわたる進化の過程を振り返って見ると人間の在り方が解ってきます。大切な命を育てていく使命を宇宙的な視野でとらえる事で、日常に起こる小さなの場面が大切な事なのか気にしなくていい事なのかが、見えてくるような気がします。そして、科学的な知識が根本にあれば、判断がより正しいものに近づいて行くに違いありません。

 小さな命が宇宙を救う、平和な世界を築くというモンテッソーリー教育を学んでこれからの子育てに生かしてくださる事を願っています。

TOPへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |