モンテッソーリとは


モンテッソーリ教育法は、イタリアで女性初の医学博士となったマリア・モンテッソーリ(1870〜1952)が始めた、 教育界に最も大きな影響を与えた教育方法の一つです。

モンテッソーリは子どもを科学的に、とてもよく観察しました。
「子どもの観察」から、彼女の教育法を確立していきました。
先入観なくあるがままの姿を観察することによって、子ども本来の成長過程や方向、順番などを明確にして沢山の発見をしたのです。

子どもの自立を促すために、モンテッソーリ教育法を学びましょう。



(0歳‐3歳レベル) (3歳‐6歳レベル)
国際モンテッソーリ協会(AMI)公認

当園では国際モンテッソーリ協会(AMI) 規定の全過程を履修・終了し、AMI会長の名においてモンテッソーリ教師国際ディプロマ(0歳‐3歳レベル、3歳‐6歳レベル)をそれぞれ 授与された職員が指導しています。

このディプロマは国内外のモンテッソーリ教育の場で教えることのできる国際資格です。